1. >
  2. 共働きにニーズがふえてきている

共働きにニーズがふえてきている

ハウスクリーニングは、一軒家だけが、たのむべきだとおもいがちですが、ふつうの賃貸マンションにお住いのひとにも、おすすめです。めやすとしましては、へやのひろさが、3LDK以上あるばあいは、ハウスクリーニングをたのんだほうが、家事の効率が、あがったりします。エアコンのクリーニングや、フローリングの床のすきまのよごれ、風呂のかびよごれなど、ほんとうに、プロのひとによって、ピカピカになります。いそがしい夫婦にもおすすめです。


高額すぎて、今は利用できない。

祖母が年末の大掃除にハウスクリーニングを利用していたが、キッチン周りだけで5万円以上費用がかかっていました。

確かに身体が思うように動かせない年寄りには有用ですが、若い自分にはそれくらいのお金がもらえるのだったら頑張って自分でやろうと思える金額だったので、正直これから先も病気などにならないかぎり、ハウスクリーニングを利用することはないだろうなと思いました。

あと、やはり初対面の他人を家にあげることには抵抗を感じます。


ハウスクリーニングを頼む時とは

ハウスクリーニングは、家事代行会社のサービスと考えてよいでしょうか。もし、そうなら、夫の母に家事代行会社の掃除クーポンをギフトとしてプレゼントしたことがあります。70代に入り、高齢で換気扇の掃除が大変そうだったので。

一方、我が家は夫婦ともども正社員で子育てをしていますので、時間がいくらあっても足りません。そのため、やらなければならない家事のうち、食事や洗濯が優先し、掃除は後回しになりがちですので、ハウスクリーニングの利用について、時間を買う感覚で前向きに考えています。